リンパマッサージを学ぶ【事前にコースをチェック】

MENU

病院の事務仕事をサポート

ウーマン

医師や看護師は業務に集中

医療クラークとも呼ばれることもある医師事務作業補助者は、主に病院で医師や看護師の負担を軽減し、本来の患者への医療を提供する業務に集中してもらうために存在しています。医師事務作業補助者の主な業務は事務業務や書類作成、コンピューターへの入力となっています。病院での医師や看護師は患者を相手に診察や処置を行っているだけでなく、多くの文書を作ったり、端末への入力業務といったものもあります。調査結果によると医師の業務時間中に患者に対応している時間は半分にも満たないという現実があり、本来の診療業務に集中してもらうために医師事務作業補助者のサポートは病院でなくてはならない存在となっています。医師事務作業補助者が行う仕事内容は病院などの医療機関によってどこまで任されるかが決まります。外来では紹介場などの文書作成補助やカルテの代行入力の他に、次回の通院予約や検査予約を患者に説明する業務を担当することがあります。病棟では、主に入院患者に対する文書作成や入退院事務の補助を行います。病院内の検査科や他病棟との情報伝達は医師事務作業補助者が担うことが多くなっています。医師事務作業補助者の行う業務は事務仕事がメインになるので、文書作成やコンピュータの操作が得意な人が向いています。また医師や看護師などの病院内の従事者や患者や患者の家族との応対も多いことから、コミュニケーション能力が高い人も向いています。患者と応対することも多いため、気配りが良くできる性格の人も向いているといえます。

Copyright© 2018 リンパマッサージを学ぶ【事前にコースをチェック】 All Rights Reserved.